知っておきたい肌の役割とは?

美肌成分が含有されている美容品を使用することによって今の肌の状態をさらに良くすることができますが、皮膚がどのような構造になっているかということを知るだけでも肌のケア対策を考える上で重要です。

肌は表面上から見ると一層から成り立っているように見えますが、これを鉛直構造として見た場合はさまざまな層から成り立っており、それぞれの層がきちんとした役割を果たすことで健康な肌の状態を保つことができています。

肌トラブルを改善する場合に目に見える部分がやはり改善したいポイントになりますが、肌のもっとも上の層になる部分は表皮と呼ばれており、そこから基底層や有棘層、顆粒層、角質層へと深部になるにつれて肌の名称や質が異なることになります。

bijedde

美肌成分がどんどん研究されており、昔に比べるとかなり多くの成分が開発されたこともあって消費者側からすると自分の肌質によりマッチした美肌成分を選んで使用することができます。

ちなみに肌が持つ本来の役割は美しく見せるためではなく、物理化学的なダメージを軽減するという働きもあり、熱や紫外線、化学物質などが与える影響を最小限にとどめることができます。

さらに保湿成分と言う言葉をよく耳にすると思いますが、これも体の機能にとっては重要な役割があり肌の質が悪くなるとバリア機能が低下することを意味するので健康的な肌を保つためにも必要です。

また、汗を排出することによって体の老廃物を体外へ排出させるなどの機能も担っています。