睡眠不足は美肌の大敵

睡眠不足が続くと肌荒れをしたという経験をしたことがある人は多いと思いますが、他にも一定の睡眠パターンで毎日寝ていたのに睡眠リズムが崩れることによって肌に影響が出てくることもあります。

このように肌と睡眠にはかなり密接な関係があると言われていますが、特に肌の生成に関わっている成長ホルモンと呼ばれるホルモンの分泌においては睡眠中に分泌される特徴があるので睡眠バランスが乱れると肌の生成が促されなくなります。

若いうちであれば少々睡眠不足で肌トラブルが起こっても新陳代謝が活発に行なわれているので通常の肌に戻るまでの時間は早いのですが、大人になってくると肌トラブルが戻らないだけでなく敏感肌のように特定の肌質に変化してしまうこともあります。

さらに休日に寝だめをするという人もいますが、これは意味がありません。毎日ぐっすり、最低でも6時間の睡眠は確保しましょう。

また単に眠るだけではなく、その質も重要です。ぐっすり熟睡していることが大切ですね。

週末に寝だめをしても肌の代謝を1週間まとめて行うことはできないので、毎日質の良い睡眠を6時間、しっかり確保することがお肌にとって良い影響をもたらすんですよ。

睡眠をしっかりとるということが肌の健康を考える上で重要ということにもつながってくるのですが、これについては成長ホルモンが多く分泌されていると言われている夜の11時から2時の時間帯に睡眠を取るということもポイントになります。

敏感肌になる原因にはいろいろありますが、いずれにしても肌に何らかの影響が出ているということに違いはないので、どのような理由で肌トラブルが起こっているのかという原因を知ることも重要です。

よい睡眠を取るためのポイントとは?

眠気をさそう生活スタイルを心がけることも重要でしょう。質の良い睡眠を誘うにはどうすれば良いでしょうか?

最も良いのは就寝1時間前にぬるめのお風呂にゆっくり入ると良いでしょう。なぜなら人間は体温が1度下がると睡眠に入りやすくなるというからです。

眠気は体温の低下によって起こるので、お風呂上りに体温が下がってきたと同時にベッドに入るとスムーズに眠ることができますよ。

眠る前にストレッチなどのヨガをするのも良いですし、部屋の明かりを若干暗くする、リラックスできるアロマを炊くのも有効な手段です。

部屋がいつまでも明るいと、交感神経を刺激し、いつまでも活動が活発なままになってしまうので、副交感神経と呼ばれるリラックスする自律神経を整えることが、まずはぐっすり眠れる秘訣でもありますね。

さらに食生活なども肌との関わりが深い部分になってくるので、栄養バランスの取れた食事を心がけてしっかりケアをするということも肌対策を考える上では重要なポイントになってくるということを意識しておきましょう。

テキストのコピーはできません。