睡眠不足は美肌の大敵

睡眠不足が続くと肌荒れをしたという経験をしたことがある人は多いと思いますが、他にも一定の睡眠パターンで毎日寝ていたのに睡眠リズムが崩れることによって肌に影響が出てくることもあります。

このように肌と睡眠にはかなり密接な関係があると言われていますが、特に肌の生成に関わっている成長ホルモンと呼ばれるホルモンの分泌においては睡眠中に分泌される特徴があるので睡眠バランスが乱れると肌の生成が促されなくなります。

若いうちであれば少々睡眠不足で肌トラブルが起こっても新陳代謝が活発に行なわれているので通常の肌に戻るまでの時間は早いのですが、大人になってくると肌トラブルが戻らないだけでなく敏感肌のように特定の肌質に変化してしまうこともあります。

睡眠をしっかりとるということが肌の健康を考える上で重要ということにもつながってくるのですが、これについては成長ホルモンが多く分泌されていると言われている夜の11時から2時の時間帯に睡眠を取るということもポイントになります。

敏感肌になる原因にはいろいろありますが、いずれにしても肌に何らかの影響が出ているということに違いはないので、どのような理由で肌トラブルが起こっているのかという原因を知ることも重要です。

さらに食生活なども肌との関わりが深い部分になってくるので、栄養バランスの取れた食事を心がけてしっかりケアをするということも肌対策を考える上では重要なポイントになってくるということを意識しておきましょう。