肌に優しい化粧品は?

m003-101

肌に優しい化粧品というと、どのようなものを想像するでしょうか?無添加の化粧品といったイメージを持つ人が多いのかもしれませんね。

でもこの無添加というのは、実は、曲者となっていることもあるので気をつけたいところです。

また、肌に優しい化粧品はと聞かれて、すぐに「これ」と答えるのは難しいことです。と言うのも肌に優しいと言っても肌は、人それぞれで違って来るからです。また、化粧品に使用されている成分は、そのほとんどがアレルギーの可能性もあります。

この化粧品は、だれの肌にもやさしく使用することができると断言することはとても難しいことなのです。

ですから自分の肌に合っているものを選ぶということが大事なポイントとなりますね。

肌に優しいってどういうこと?

肌に優しい化粧品とは、どういった化粧品になってくるのでしょうか? 簡単に言うと肌に優しいというと肌に負担をかけずに使用することができるものということになります。

では、具体的にどのようなものかというと

  • 合成界面活性剤ができるだけ使用されていないもの
  • 防腐剤、殺菌剤の使用が少ないもの
  • タール系の色素をつかっていない
  • 紫外線吸収剤を使用していない

と言ったものになってくるでしょう。でもこれだけの条件を満たすことができる化粧品というと、なかなか難しくなるでしょう。

大事なことは無添加化粧品やオーガニック化粧品といった言葉に惑わされることなく、きちんと使用されている成分を確認するということです。

さらに、いきなり肌に良いからといって、使い始めてはいけません。自分の肌に合っているのか確かめるために、まずはサンプルなどで試してみることが大切です。

無添加化粧品は肌に優しいの?

無添加化粧品は肌にとって優しい化粧品なのでしょうか? 実はこれ、勘違いしている人もいるので気をつけましょう。

まず、無添加化粧品というものが、どういったものかを知ることが大事なことになります。つい勘違いしてしまいがちなのが無添加化粧品と聞くと添加物のある成分は全く入っていないと考えてしまうことです。

実際には、表示指定成分である102種類の成分が使用されていないもので、さらに肌に影響が出ると考えられる合成剤を使用していないもの。これが無添加化粧品となります。

つまり102種類の表示指定成分に入っていない成分であれば、添加物が配合されていても無添加化粧品ということになるということです。

N112_penwomotujyosei-thumb-815xauto-14447

気を付けたいものは?

無添加化粧品といっても配合されているもので気を付けたいものがいくつかあります。

それが次にあげるようなものとなってきます。

  • 防腐剤
  • シリコン
  • 鉱物湯
  • 合成界面活性剤

無添加化粧品となっていても、こういったものが配合されている可能性は十分にあります、自分の目できちんと確認して判断するようにしましょう。

防腐剤などは化粧品を長持ちさせるためには欠かすことができないものです。化粧品の中には防腐作用のある植物を利用しているようなものもあります。こういったものを使用することができれば一番よいのでしょう。

でもなかなか手に入らなかったり高級であったりということもあります。この辺はできるだけ防腐剤を使用していないもの、または少ないものを選ぶようにすると良いですね。

こういったものが、すぐに肌に影響が出るということはないでしょう。ただし化粧品、特にスキンケア用品に関しては毎日使用するものとなりますから、常に肌に負担をかけてしまうことになります。

それでは肌に優しい化粧品とは言えないでしょう。無添加化粧品という言葉に惑わされることなく、成分を確認して何が無添加であるのかを確認して選択することが大切なことなのです。

敏感肌とは、どんな肌のこと?

美肌成分が含まれている美容アイテムの中には敏感肌でも使用することができると銘打って販売されているものがありますが、肌質の […]

続きを読む

知っておきたい肌の役割とは?

美肌成分が含有されている美容品を使用することによって今の肌の状態をさらに良くすることができますが、皮膚がどのような構造に […]

続きを読む

肌に優しいということは?

肌に優しい化粧品というと肌に負担を掛けずに使用することができる化粧品ということになるでしょう。ということから無添加化粧品 […]

続きを読む